人気ブログランキング |

らくちん道への道

日月神示とパワースポット(青林堂)・・・他


内容紹介
日本の社稷こそ霊性の源泉
天変地異こそ日本の〝氣〟が高い証。
火山だらけで、台風も、地震も、津波も来る。
「 日本の国はこの方の肉体であるぞ。国土拝がめと申してあろうがな」
「 国常立大神のこの世の肉体の影が日本列島であるぞ」
―『日月神示』より

日月神示(ひつきしんじ、ひつくしんじ)の研究家で著名の中矢伸一さんの本。

タイトルはパワースポットとあるものの、中矢さん自身はパワースポットという呼び方は嫌いらしい。

日月神示は東京の整体院で働いていた時の同僚が信奉したのだが、不幸な人生の一方で選民意識が極めて強い彼のイメージが悪すぎて私自身はなるべく遠ざけていた存在。

とはいえ、そちら方面の人達と会うこともあるのである程度の知識は必要だと思って日月神示解説本については出る度にざっとは読んでいる。

最近の世界的な流れを見るにつけ、この本以外にも内記正時さんの本などを5冊ほど読み返してみた。

確かに今の時代に必要なことも書いてある。

あらためて面白いところは、陰謀論で語られる世界を支配している闇の勢力についての扱い。

普通に考えて、悪を行う闇の勢力を殲滅してしまえば良い世の中が来るように思える。

しかし実際になくしてしまえば、秩序を失って今以上に争い奪い合いの弱肉強食の悲惨な世界になることが予想される。

地球の資源や環境を管理し様々な人類削減計画を実行している彼らであるが、スピリチュアルの人達が唱える地球を守る活動と比較しても、確かに現実世界においては彼らの方が遥かに効果的にやっている。

なので、“あえて闇の勢力と手を組み、人類の「意識の底上げ」をする必要がある”と日月神示では説いているらしい。

手を組むといっても悪に染まるという意味ではないが、例えば男だったら「権威・お金・女」に弱いのが人間の性で調和と称して取り込まれることも多いのが実情。

削減される対象が自分自身だったら嫌なのは人情だとはいえ、世界の支配者の一人で最先端の超医療が受けれたデイヴィッド・ロックフェラーですら所詮100歳程度しか肉体の寿命がないのなら格差はほとんどないように見える。


あと、同じく日月神示に何度も出て来る「悪を抱き参らせよ」は私も好きな言葉である。

私の恩師の一人である保江邦夫先生創始の冠光寺真法は、正にこれの体現を目的とする活人術であるともいえる。

ただし検証重視の私から見ても、完全なる実現には困難を極めることはわかっている。

現在では活動スケールが大きくなり武道的な関心が薄くなった感のある保江先生であるが、一番弟子で冠光寺真法免許皆伝の前山関西支部長が雑味なくやっていると思う。

















# by rakuchin-dou | 2020-03-08 23:58 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

3月 15日 書籍出版記念セミナー「嫡流真伝中国正派拳法×太氣至誠拳法(交叉法×歩法)」

※このページは2020年3月6日(金)までトップになります。
3月 15日 書籍出版記念セミナー「嫡流真伝中国正派拳法×太氣至誠拳法(交叉法×歩法)」_a0238072_20304582.jpg
詳細
中国拳法のみならず、ほかの武術にもきっと役に立つ!
交叉の理合とそれを生かす歩法を学ぶセミナーです。

◆嫡流真伝中国正派拳法「交叉法」と太気至誠拳法「歩法」が自分の中で結びついたときに発揮される速さと重さを実感する2時間◆

◆内 容◆
◇師範らによる模範演武と首席師範小林直樹による講義(15分)
◇実技講習  (85分)
・動く足の作り方を学ぶ。
・3次元の空間で自分を利する位置を学ぶ。
・間合いを学ぶ。
◇質疑応答 (20分)

◆対 象◆ オールレベル  
※ 安全に、安心して実技を行うことができるよう、実技講習の際、未経験・初心者の方々には、躾道館の師範と師範代が相手役となり サポートいたします。
※ 申し込み前に、確認したいこと、不安なこと、相談したいことなどがありましたら、お気軽にお問い合せ下さい。
・メッセンジャーで主催者にメッセージを送信することができます。
・メールの送り先はこちらです。bidoukan1954@gmail.com

日時:3月15日(日)

セミナー 14時~16時
・場 所:雑司が谷地域文化創造館 B1F 音楽室
・受講料:3000円 (当日、受付にてお支払い下さい。)
☆13:30より受付を開始いたします。
 
※セミナーのあとは、ぜひ懇親会にもご参加下さい。    
◇セミナー参加者による懇親会 17時~19時◇
☆希望者のみ☆(懇親会申込はセミナーの予約受付ページで同時受付いたします)
場 所:天府酒家池袋東口店
会 費:3000円 (当日、受付にてお支払い下さい。)

お申し込み:躾道館ホームページの「セミナ予約特設ページ」からお申し込み下さい。


☆セミナー予約特設ページ☆ (躾道館ホームページ)

申込受付期間 2020年2月5日(水)~2020年3月6日(金)

<追記>

不詳の弟子である私から、怒られることを承知で少し書いてみる。

まず、長年に渡り多くの武術を学んできた私にとって一番のインパクトがあり感動したのが小林先生であり、今でも私が唯一「武術の師匠」と書いている所以である。


2020年3月15日(日)に「昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え」(壮神社)の出版を記念してセミナーが開催されます。

奥さんからの又聞きだと、今回のセミナーは躾道館の弟子側に懇願される形でのセミナーらしい。

たぶん参加人数が少なすぎると今後はセミナーが開かれない可能性が大なので、小林直樹先生に少しでも興味がある人は「この機会を逃したら次はない!」と思った方が良い。

ただし、二時間程度しかないので普通にやれば簡単な紹介程度に終わると思う。

押さえておかなければいけないポイントは、小林先生は天才的な感性を持つが典型的な昭和の武術家であり、メディアなどに登場する現在人気の先生の様に技術を論理的にわかりやすく説明することはあまりない。

テーマである「交叉法」「歩法」は小林先生の武術の核心部分であり、私も初めて見た時には理屈抜きに凄いと感じた。

この凄さを経験者だけでなく一般の人にも伝えてもらえるのか?

以前クエストで出したDVDについて、武術の先生をしている友人から「森坂さんの師匠というのでDVDを見てみたが(演出的な部分において)先生の凄さが全く伝わらない内容で、あれでは入門したい人はいないだろう」の感想で残念な思いをした。

確かに、重要な「使用法」の基本は空手の約束一本組手の変化ぐらいにしか見えないし、太氣拳も小林先生と他の先生との違いは余程の経験者でないとわからないと思う。

これが凄い先生が大事にしている基本だということがわかれば、この時は意味がわからなくとも参加者の見る目や取り組む気持ちが変わる。

主催者側への要望としては、できる限り小林先生ご自身に実際の動きを見せてもらって多くの参加者に技を体験させて欲しいと思う。

ダンサーの弟子が多いように芸術家的気質を持つところがあり、気分が乗ってくるとドンドン感動レベルの凄い動きが出てくるので当日セミナーでは参加者全員で盛り上げていただけるとありがたい。








# by rakuchin-dou | 2020-03-07 00:00 | 気になるニュース | Comments(4)

今こそ知っておくべきフリーメイソンの謎と爬虫類人種の陰謀 (世界の謎と不思議)


内容紹介
月刊「ムー」の主幹ライターにして日本のオカルト界の重鎮、並木伸一郎氏が世界の謎と不思議を最新の情報を基に解き明かしていきます。
そもそもメイソンとは何か、その歴史と入会方法や儀式などなかなか一般には伝わらない中身を解説。さらに「9.11とメイソンの関係」、
「UFOとメイソン」などの陰謀めいた内容にまで触れていきます。

UFO研究で有名な並木信一郎さんの陰謀論の本。

神々が宇宙人であるとか、情報源がよくわからないネタ本だが面白いことも書かれている。

最初の米中貿易戦争の話で中国が勝利する可能性については十分に有りうる話と思う。

「自由、平等、友愛、寛容、人道」のスローガンを掲げてグローバリズムを進めている秘密結社フリーメーソン。

ここのメンバーにEC(欧州諸共同体)提唱者のグーテンホフ =カレルギー(奥さんは日本人)がいるのは納得いく話。

気になるところは、同じくメンバーに旧皇族である東久邇宮稔彦(ひがしくにのみやなるひこ)の名前が出て来る。

東久邇宮家といえば皇統の男子継承において旧宮家の皇籍復帰があれば上位に来る存在で、元々の流れなのか何かしらの先手を打たれた感じではある。

有名なイルミナティはフリーメーソンの上部組織的存在であり、彼らは支配階級の宗教である「シリウス信仰」を持っているらしい。

エジプトは太陽信仰が表だが元々は「シリウス信仰」であった。

エジプトで冥界の神オシリスは旧約聖書の悪魔アザゼルと同じ神で、ピラミッドの配置にみられるオリオンは「オシリス神が住まうところ」とされている。

「シリウスとオリオン」は「イシスとオシリス」で女神と男神の関係である。

最近のスピリチュアルの話でシリウスといえば地球を導く善で光の存在のような扱いで、世界を操る悪の秘密結社と戦っているイメージで語られることが多い。

(縄文もシリウスだったかな?)

しかし、並木さんの話だと全く逆の話になってくるというのは興味深い。


<追記>
この本の内容に直接関係ないけど、この辛酸なめ子さんのセンスは秀逸。

第5回 宇宙人意識高い系の集い(スピリチュアル図鑑)






# by rakuchin-dou | 2020-03-05 02:22 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

国会をみよう 国会パブリックビューイングの試み(集英社クリエイティブ)


内容紹介
街頭に国会審議映像を持ちこんでスクリーンに映しだし、その横で自らマイクを握り、ライブ解説を加え、国会で起きていることを人々に知らせる。
これが「国会パブリックビューイング」である。政党や労働団体と組まない独自の活動だ。
「国会をみよう。そして考えよう」と主宰する上西充子教授は呼びかける。
本書はそのようにして誕生した「国会パブリックビューイング」という、小さいが新しいメディアによる1年間の活動記録である。


著者は「ご飯論法」で新語・流行語大賞を取った人らしい。

「国会パブリックビューイング」については新しい取り組みということだが、個々のスマホの時代に街頭テレビとは随分とノスタルジックである。

どうみても重要な議論はほとんど行われず裏取引のあるプロレス感の漂う国会であるが、政治に関心を持つ人が増える方向に持って行く必要性はあるとは思う。

個人的に興味があるのは、いわゆる「政治家のヤジ」について。

国会中継の放送ではカットされているので一般の人は聞けないが、実際の国会では与野党ともに聞くに堪えない罵詈雑言に近いものが飛び交っているようである。

本来なら議事進行を妨げるヤジなどは全面禁止にして国民の為の国会運営をしていただきたい。

禁止に出来ないのならば、逆にこれをノーカットで放送するチャンネルを新しくつくって欲しい。

国会での議員の真の実態がわかるというか、かなり面白い映像が見れると思う。







# by rakuchin-dou | 2020-03-03 02:57 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

シュガー  様 コ..
by rakuchin-dou at 01:30
森坂様 >今回は外..
by シュガー at 00:02
cat-sparrow ..
by rakuchin-dou at 10:51
大抵の場合そうだと思いま..
by cat-sparrow at 06:05
豚丸 様 >架空の..
by rakuchin-dou at 23:02

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ