人気ブログランキング |

らくちん道への道

<   2020年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧




日本のオカルト150年史: 日本人はどんな超常世界を目撃してきたか(河出書房新社)


内容紹介
明治以後、今日まで150年間の、超能力・心霊現象・UFO・UMAにまつわる出来事・人物について解説。知られざる真相を公開!

オカルト好きは買うべきな分厚い本。

著者の秋山眞人さんは若い頃から超能力者として活動していて、長寿番組「たけしの超常現象SP」のようにキレ芸のイメージがあったが、この本は肯定派の立場でオカルト史を冷静に書かれている。

最初に出て来る日本のスピリチュアル・ヒーリングの元祖とされる“水原實”の名前は恥ずかしながら初めて知った。
(巻末年表の最初が「仙童寅吉」なのも驚き)

戦前の福来友吉博士の超能力研究、催眠術・霊術ブーム、大本教の話や戦後のスプーン曲げ、UFO、オカルトと共産主義者・ヒッピー文化の話、三島由紀夫と石原慎太郎、スピリチュアル・ブームと否定派・・・など多岐に渡る。

最後の方に出てくる、最近復刊した占い雑誌「エルフィン」の記念パーティーの話。

100人ほどのパーティーで、70年代であればこれだけの人が集まれば喧嘩になっただろうに大変良い雰囲気だったそうだ。

やはり、現代だと「みんなで仲良くつるんで客を回しあう商売」が原則なのかと思う。

秋山さんは科学とオカルトが同じ目線で語られる時代が来ることを考えているようだが、量子論や素領域理論という便利なものがあるとはいえ意図的に超常現象を実現できるのはまだ先のような感じ。

「オカルト軍国主義の敗北」とあるように、日本は先の大戦では国を挙げて多くの宗教家を集めて結界を張り敵国を呪詛したりした訳だが見事に敗北している。

ただし、戦時中日本人の精神論に苦しめられた海外の諜報機関や軍関係者が調べた結果、呼吸法や丹田に注目し自国に持ち帰り研究した話があるようだ。

超能力研究といえば旧ソ連が有名だが、アメリカにおいても陸軍中野学校で教えられていた丹田呼吸法がGHQに持ち帰られ宇宙飛行士の訓練に使われた話が出て来る。

私も最近では否定的に語ることも多い気と丹田についてだが、実際には気と丹田を重視する武術家の極々一部には凄まじく強い人がいるのは確認している。

とはいえ、観念的な要素が強い事もありほとんどの人は妄想レベルで終わっている為、私の結論としては先ずは人間として機能的な姿勢や動きができることが前提であると考える。

どの方法論も現実に使えるようになるには様々な検証の中で導き出すしかない。






by rakuchin-dou | 2020-02-28 01:11 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(8)

「間合い」とは何か: 二人称的身体論(春秋社)


内容紹介
私たちは「間合い」とともに生きている。雑踏でぶつからないのも何気ない会話ができるのも、間合いがあればこそ。人はいかにして状況に対応しているのか。野球、柔術、サッカーから歯科医と患者の会話、フィールドワークの人間関係まで、様々な事例から本質に迫る。「人間らしさ」を巡る知能研究の最先端。

時間がなくて書店でざっと読み。

「間合い」という実際には極めて感覚的なものを、難しい色んな言葉を使って論理的に説明している学者さんは流石。

個人的に「間合い」といえば、天才だった整体の野口晴哉先生や武術的な交差法の達人の小林直樹先生が思い浮かぶ。

歯医者さんと柔術の話は面白かった。

この本での柔術は寝技主体のものだが、立ち技の柔術も人間の骨格構造を学ぶには良いと思う。

あまり語られないという胴着を使う柔術の“つくり”の話や上達過程で相手と接触しない状態でも相手の動きがわかる時があることが語られている。







by rakuchin-dou | 2020-02-27 01:15 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

関西出張施術2020.02.23+「“女性性の時代になる”とは聞くけれど・・・」の話

定例の関西出張施術。

前回の筋膜系手技の刺激が強すぎた反省から、今回は骨格調整から。

最後、いくつかの硬いところがどうしても取り切れず鍼の力を借りて何とか収める。

その後に食事に連れて行ってもらったが、例の高貴な御方の話を聞いた。

普通の人が立ち入れない場所でもフリーパスなのは凄いが、何気に格式のある某神社に立ち寄った時に事前に神様レベルで話が先方に伝わっていた話は不思議。

「祝の神事」のその後については保江先生がいずれ著書に書くだろう。

夜は神戸の先生のところへ。

こちらでも神さまと繋がった女性たちの話を聞いた。

しかし、こちらの話はかなり俗っぽい。

一つは、ある女性教祖が会社社長の男性を騙して結婚したが、財産だけ奪った後に男性を無一文で家から放り出した話。

もう一つは現在進行形の話なので詳しくは書けないが、某子宮系の教祖が言ったという「女はお金に困れば股を開けばいい」というのを地で行く話。

今回の獲物が最大級なのも理由であるが、一晩で大出世できる女性の強みを最大限発揮しているともいえる。

こういうの聞くと「女性には絶対勝てないな・・・」と深く思う。

若い時は夜のお店にも通って遊んだが、こちらの世界もやってる事は変わらないんだね。

スピリチュアルの世界では『これからは女性性の時代になる』とよく言われる。

これは次元上昇や進化というより、神話の地母神の時代に逆行しているような感じを受ける。

母なる温かく優しい要素と冷徹で残虐な要素を併せ持つ存在。

ある部分では私自身もお世話になっている立場なので、あまり悪くはいえないところはある。

基本的には世界は色んな人がいた方が面白いと思う私であるが、この手の女性が権力を握って偉そうにしている世界が来ることは望まない。






by rakuchin-dou | 2020-02-24 23:16 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

大人になっても夢を見続けていたい人達

最近のスピ系の流行りのストーリーは「目覚める」みたい。

しかし、こういうのにハマる人達は目覚めるのではなく逆に夢を見させられている感じはしている。

そういえば、私が関わった武術の世界でもスピリチュアルの問題と同じものが存在する。

故・松田隆智先生と仙道の高藤聡一郎さんをルーツとし多くの漫画やラノベなどのネタとして使われたこともあり、伝説的な気・丹田を使う太極拳などの中国拳法の達人のイメージが出来上がった。

確かにイメージの中では強い格闘家でも軽く倒せてしまう。

現実的には、身体が大きく筋力のある強い人に対して武器使用とか不意打ちや大勢で襲うなど卑怯なことをしないと喧嘩では勝てず、こちらの方がより中国人的な発想である。

これらの人達を不憫に思い現実を教えようとする人もいるが、経験上これは徒労に終わることが多い。

何故かというと、彼らの多くは「貴族になりたい人達」だと私は考えている。

例え怪しくとも何かしらの権威のところに居さえすれば他人よりレベルの高い貴族でいられ永遠に夢を見続ける事ができる訳だから、彼らは現実に引き戻されることに対して断固として拒否するのは当然。

諸行無常で生きていることが苦であるこの現実世界にどうしても納得できない人の気持ちはわからないではない。

癌などの強い痛みにはモルヒネを処方されることもあるので、強い苦しみを抱えた人にはこれらのものは必要だと考えている。

現在の私の心境としては、怪しいネタはあくまでも趣味の範疇として又は自分がおかしいと思うことはツッコミを入れるなど当ブログでも引き続き主張はするつもりだが、彼らを完全に駆逐しようとまでは考えていない。

現実的でない夢のような話を空想しても十分に生きていける日本はまだまだ平和だということである。






by rakuchin-dou | 2020-02-23 04:07 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

【2月17日(月)20時~】日本の共産主義思想浸透の影に常にいた「風見章」とはいったい何者だったのか。(仮)|ゲスト:林千勝(近現代史研究家)|山岡鉄秀のTSJ1




たまたま視聴したが中々面白かった。

林千勝さんは最近注目されている近現代史研究家で、論拠は示しているとはいえ主張は陰謀論に近い印象。

内容は、先の戦争で日本を敗戦に導いた人達の話。

近衛文麿は藤原氏直系で道長の時代の復興を願い、昭和天皇が大嫌いだった。

近衛はアメリカに勝たせることで占領後の日本での実権を握ることを考えていたが、利用していた共産主義者たちに気付かれて彼の計画は頓挫する。

ヒトラー信奉者でプロパガンダの重要性を理解していたため、長きにわたりNHK総裁の地位にいてラジオ放送を用いて世論を誘導していた。

共産主義者であった側近の風見章や尾崎秀実だけでなく、戦後の歴史で好意的に語られることが多い白洲次郎、米内光政、山本五十六などが関わっていたという話は衝撃的である。

個人的に動画で一番興味深いところは、29分過ぎぐらいからのロックフェラーやロスチャイルドに代表される国際金融資本家たちが世界戦略の中で日本(特に歴史)について徹底的に研究・分析していたという箇所。

縄文時代の遺跡や文化の研究・啓発を支援している国際縄文学協会という団体の名誉顧問がイギリスのロスチャイルド家当主の娘というのは中々。

この団体のページに出ている人を見ると、なるほどという感じである。

縄文ブームの中には日本国内の離間工作も含まれているのでは?との懸念は少しは当たっていたかも。










by rakuchin-dou | 2020-02-18 22:57 | 気になるニュース | Trackback | Comments(4)

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)


内容紹介
神様に愛される
「美しい生き方のススメ」
神様のお願い事に大奔走の日々
なぜこの僕に、ここまで愛をお与えになるのか
イエス・キリストからハトホル神、吉備真備、安倍晴明まで
次々と現われては、お願い事を託されてしまった!


読んだのは少し前。

今までの本の内容と被るところが多いが、故・エスタニスラウ神父の話など書かれていなかったことも書かれている。

Amazonのレビューが気になったので私も少し書いてみる。

レビューの一つは、「アインシュタインの愛の手紙」や「水晶ドクロ」など捏造である可能性が高いネタを本当のことだとして著書に書かれていることが多いのか?ということについて。

これについては私も昔から疑問であった。

あれだけの知識があって周囲も詳しい人だらけなのに、ネガティブな話を知らないはずがない。

私個人の結論としては、保江先生自身が面白いと思ったことは怪しいネタであったとしてもドンドン本に書いているのではないかと考えている。

この世界が退屈を望まないことを身をもって実践しているのだろう。

「スピリチュアル」も個人で自己完結している分には清いままでいられるが、実際は個人の欲やお金も絡むし世俗と全く同じで、よく語られる光と闇の話も100か0みたいに単純ではない。

自分が面白いと感じるストーリーに乗ってみるのも有りだが、傷つかない程度に自己責任で関わる事。

保江先生を中心に周囲に不思議なことが起こり続けているのは本当だと思うが、その他の人は既に同じ世界にいないかもしれない。

もう一つのは褒め殺し的なレビューで私も笑ってしまった。

「愛の生贄」になったのかもしれないが、この話は一歩間違えばグルへの帰依と同じだから運用には個々気を付けてね。

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)_a0238072_01124287.png

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)_a0238072_01533063.png







by rakuchin-dou | 2020-02-18 02:05 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(6)

本当に強くなる“一人稽古”: 武道の「型」が秘めた“体内感覚養成法”(BABジャパン)



凡人でも達人気分が味わいたい人向けの本。

(私を含めて)凡人がある程度の境地に行くためには、著者のように多くの武術を学び共通項を見つけ理解度を高める方法論に行かざるを得ないというのはある。

残念なところは著者が学んだ先生のお名前が一人も書いていないのは寂しい。

(主にしているサンチンは宇城憲治先生のものかな?)

聞いた話だと、著者は躾道会時代の道場(赤羽のアルトー館)にも来ていたらしい。

それで「小林先生に(軽い組手?)叩かれてから来なくなった・・・」と兄弟子が言っていたが、本当かどうかは知らない。

確かに、この本に出ている“目付”は小林先生が教えた基本に似ているし、“突かれる”でなく“突かせる”など著者が「クラッキング」と名付けた技法は交差法そのものといえる。

とはいえ、合気道でいわれる「結び・入り身・転換」も形は違えど中身は同じ(レベルはそれぞれ違う)。

「型」から得られるものは多いが、組手等で自由に使えるレベルに到達するのは並大抵の努力ではできない。

道場で技が多少掛かるようになったとしても、それだけで元々強い人達に勝てると思わないことが大事。







by rakuchin-dou | 2020-02-14 01:21 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

捏造の日本史: 偽史をつくったのは誰か?なぜ信じられたのか? (KAWADE夢文庫)


内容(「BOOK」データベースより)
教科書に載ったり、自治体が史跡にしたり…史実と信じていた“歴史”は、創作や誤解が広まったものだった!まさかの「27の偽史」の真相に迫る!!

最近は空き時間が少なくて、書店でざっと読み。

詳しくは書かないが、私の知人の関係団体について批判的な内容が書かれていて「またか・・・」という印象で頭が痛い。

私が子供のころ習った「身分制度としての士農工商」の否定や「安倍晴明超能力者説」の否定、日本の国体最大の危機の一つとされる「足利義満は皇位簒奪の意図があった説」の否定などは、著者の原田実さんらしい指摘。

あとは、百田尚樹さんの「日本国記」の記述についていくつかの批判など。

<追記2020.2.14>
そうそう、戦前に日猶同祖論に傾倒した三人の話を書くのを忘れた。

①小谷部全一郎 アイヌ研究家で義経=ジンギスカン説の提唱者でもある。
②酒井勝軍 日本のピラミッド
③川守田英二 日本の民謡や童謡などの囃子言葉が古代イスラエルの言語で書かれた進軍歌であることを考証。

三人の共通点はアメリカ留学経験があるキリスト教伝道師であること。

この中で酒井は元々反ユダヤなのに、何故日猶同祖論に傾倒するようになったか?という原田さんの考えが面白い。

「イエス・キリストを受け入れたものが真の神に選ばれた民であり、ユダヤ人は偽の選民で、せいぜい神の救済計画の道具にすぎない。」というのがキリスト教だとわかったうえで、選民であるキリスト教徒の部分を「日本=ユダヤ同祖論は、この論理を借りて、真に神に選ばれたものに日本民族」に当てはめたものだとしている。

要するに、彼らはキリスト教をダシに使って日本民族アゲをした元祖ネトウヨだということかな。




by rakuchin-dou | 2020-02-11 01:20 | Trackback | Comments(0)

昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え(壮神社)



内容紹介
心を受け継ぐというのは、技術を教えるということ以上に難しいところがあります。この本では、武道の理念や技術のことを語るのではなくて、師匠と弟子という関係、教えるということと教わるということ、先輩・後輩というとても日本的な人間関係について語っていきたいと思っています。そういう意味で、武道や中国拳法を全く知らない方でも、興味を持っていただけると思います。(小林直樹)

著者について
1954年3月1日生まれ。16歳で櫻公路一顱が主宰する大日本講武會に入門。中国拳法を学ぶ。日本武術と中国武術の融合という櫻公路一顱が目指した武術を体現する弟子として頭角を現す。師の死後、澤井健一と出会い28歳で入門。神宮の杜で指導を受ける。澤井健一逝去の後も太気拳一門として活動。その実力と指導力は長年高く評価されてきた。1994年、師の教えと技術を真摯に受け継ぐ者を育成することを目標として躾道會を設立。2008年、太氣至誠拳法の指導を許されたことをきっかけに躾道館と改称。躾道館首席師範。

私の武術の師匠である小林直樹先生の著書。

小林先生にとって父親以上の存在である櫻公路一顱先生についての様々なエピソードと、師匠と弟子や教育についての考えが書かれている。

個人的には「・・・やっと出たか」という感じで、この本は私が東京に住んでいた頃から書き始めていたから出るのに10年以上掛かったんじゃないかな。

残念なところは思っていたより大分あっさりな内容で、私が聞いていた櫻公路先生の中国の話や当時大量に撮っていた写真がほとんど使われていなかったこと。

(恐れていた私の当時の写真がなかったのはホッとした)

小林先生とは昨年超久しぶりにお会いしたぐらいで連絡も中々しないのは申し訳ないと思っている。

身体や個々の技法については色々学んでしまい昔とは全然違う感じになった私であるが、心法においては「相手に命を捧げなさい」という櫻公路先生の教えに尽きるというのが結論である。

あとは、小林先生が基準になってしまうことで、他の武術家を見る時にどうしても厳しくなってしまう。

懐かしい名前もあって、拳王杯で入門半年で優勝した山崎順子さんとは何度も受けだけの組手の相手をしたが、パンチの回転が速くて一度見事に顎を撃ち抜かれて口の中が血まみれになった記憶。

帯の向山恵理子さんは、例のナンバ歩きの件があるものの練習帰りの赤羽岩淵駅近くの麺屋龍でみんなでラーメンを食べた記憶。

山下浩人さんは舞踏の人で試合で無構えを使ったことが印象だが、水曜日の練習では一番に来て六字缺をしていたのと、180センチ50キロ代の身体で当時75キロの私を肩車して何度もスクワットしたのにほ驚いた。

2018年に富士山で遭難し亡くなられたパントマイムの故・三谷和之さんとは何度か練習でご一緒し好青年だった印象。

謹んでお悔やみ申し上げます。







by rakuchin-dou | 2020-02-06 03:30 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(4)

関西出張施術2019.2.3+「多くのスピ系の人からは他人への愛を感じない」の話

定例の関西出張施術。

今回は久しぶりに筋膜を重視した。

最近は筋膜系の方法論はかなり進化していて、自分でも試してみたかったのが理由。

結果は、部位を限定した短時間の施術の割に負担が大きかったみたいで、終わった後かなりぐったりさせてしまい今回は失敗だった。



夜は、神戸の先生のところに行った。

昨年11月の会合の後に、何度もの折衝の結果で自分の中ではスタート地点には立てた感はある。

我々以外にも神戸の先生と直接交渉しに来る人は増え、良い出会いと悪い出会いがあったようだ。

その中でスピリチュアル関係は特に変な人が多いみたいで、一見人当たりが良いと思える人でも非常識な依頼を平気でしてきたりと頭を悩ませていた。

一方で、我々と同時期に来ていた人が大企業の会長さんと旧知の仲で、たまたま神戸の先生のところでばったり会ってスポンサーになる話がトントン拍子に進んた。

また、神戸の先生は元々音楽関係の知人が多く以前はジャズ中心のライブハウスをやっていて、しばらく休止中だったものが復活するという話になったのは喜ばしい流れ。

先月スタートのNHKのドラマ『心の傷を癒すということ』の原作者の故・安克昌さんの話になった。

精神科医師である安克昌さんは自らも阪神・淡路大震災の被災者でありながら、他の被災者の心のケアに奔走した。

また、プロ級の腕前といわれたジャズ・ピアノの実力者であり、神戸の先生のところにもライブ等でよく来ていた。

震災の時に無事だった自分のビルを解放して炊き出しなどを行った神戸の先生からすると、今回のドラマには感慨深いものがあったらしい。

この話を、最近何度も訪ねてくる「自分には強い神様がついている」という人にしたところ、見事なまでに無反応でがっかりしたと言っていた。

弱者救済を売りにする宗教団体は多いが、震災の時の彼らが無反応だったことから神戸の先生の宗教関係者への目は厳しい。

この理由については私も補足説明をした。

要するに、スピリチュアル系の多くが自分自身が神様になった人、もしくは神様に選ばれて特別な貴族になった人ばかりであるということ。

他人は自分より格下の存在なのだから、深入りした人ほど周りへの配慮とかができなくなる。

ただし、人当たりが良いだけでなく口が上手い人が多いので「愛」や「調和」とか耳当たりの良い言葉を多用し、元手のいらない夢や希望を提供することで集客などは得意である。

実際にクローズな空間での彼らの言動・行動を見ていると、自己愛はあっても他人に対する愛がないと思える人が多い。






by rakuchin-dou | 2020-02-05 01:08 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新の記事

最新のコメント

シュガー  様 コ..
by rakuchin-dou at 01:30
森坂様 >今回は外..
by シュガー at 00:02
cat-sparrow ..
by rakuchin-dou at 10:51
大抵の場合そうだと思いま..
by cat-sparrow at 06:05
豚丸 様 >架空の..
by rakuchin-dou at 23:02

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ