人気ブログランキング |

らくちん道への道

カテゴリ:カイロプラクティック( 39 )




カイロプラクティック勉強会 2015.9.13

場所はいつもと同じ井尻。

今回は顎関節。

この日をもって、カイロプラクティックの勉強は一旦終了しようと思う。

最後まで矯正技法については中々満足のいく上達はなかったが、独自の考え方など勉強になる事は多かったと思う。
5年ほどカイロプラクティック(特に脊椎を矯正するフルスパイン)を学んでみて、当初思っていたことが結果的には違っていたことはいくつかある。
あくまでも個人的であるが、いくつか列挙してみたいと思う。

①:カイロプラクティックが優位性を持つ椎間板の矯正であるが、そもそもの「左右どちらかの椎間板がつぶれることにより神経が圧迫されて、身体の不調和を起こす」理論が現在では間違いであるということ。

②:椎間板がつぶれる原因は姿勢など様々だが、直接的に関与するのは筋肉であること。

③:筋肉を重視している整体よりカイロプラクティックの方が効果が持続すると思っていたが、単純に脊椎・骨盤を矯正したのみでは30分ほどで元に戻ってしまうこと。

④:アクチベータやトムソンテーブルのような器具を用いた手法より椎間板の矯正の方が効果が長持ちすると思っていたが、スッキリ感など直後の満足度は違えど効果はあまり変わらないこと。

⑤:カイロプラクティックの優位性とは、治療効果そのものより短時間に施術を終えることができるので、一日に多くのクライアントを回すことが出来ること。

などである。

既に何年も前に矯正系の手技から撤退していた同業者の仲間から、「伝説のカイロプラクター達による数々の奇跡が起こっていた時代と違い、現代人の身体の変化には既存のカイロプラクティックのみでは対応出来なくなって来ているよ」と言われていたが、私の期待とは違い残念な結果になってしまった。

同じようなことは鍼灸学生の時にも「君たちが卒業する頃の腕でも、もし江戸時代にタイムスリップしていたら神のように崇められるでしょう」と言われていた。

現代人の心身の不調に対応するには、既存のものだけに留まらず本当に日々深く勉強していく他はない。


もうひとつ、キネシオロジーや発展型のリーディングについても、個人的な感想であるが現時点での結論が出たので書いてみようと思う。

キネシオロジー(筋反射テスト)は、視診や触診では状態がよくわからない時に使うツールとしては便利なものだと思う。

キネシオロジーは、まずはあるテーマに対し様々な手法を用いてクライアントの潜在意識における快・不快を2者選択で導き出すことであるが、施術者側である自分の状態の変化をもってしても検査は出来る。

結果に関しては施術者の今までの経験に基づく期待や思い込みがかなり反映されるので、自分の心の問題が解決できない施術者は用いるべきでないと思う。

結果は、あくまでも施術者とクライアントとの関係性で起こった物語なので、人を導く方便として使うのならまだしも、この結果を絶対真理のように思い込むことは止めるべきである。

施術者がキネシオロジーを神の言葉のごとくハマり込んでしまう大きな原因の一つは、勉強会における多くの参加者の結果が一致することであるが、これはその場で一番力を持つ先生の傾向や好みを生徒が無意識に追ってしまうことによって生じ、共依存的に先生と生徒お互いがキネシオロジーの信者となる結果をもたらす。

元々こういうものにハマる人は、劣等感から生じる「他人より優れた何か特別な能力が欲しい!」という願望が強いからである。

別のキネシオロジーを学んでいる生徒などは、この場を支配している先生の影響を受けずらく違った結果が出ることが度々あるが、必ずしもこの答が間違っているわけではない。

完全な信者となると「見ただけで、他人の考えていることがわかってしまう」と感じるレベルになるようだが、実際に確認すると全く見当違いのことが多く、ここまで来ると完全な妄想で精神病の一歩手前と言わざるを得ない。




整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-09-13 21:10 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.8.22

場所はいつもと同じ井尻だが、この日はお盆期間の代替で土曜日の夜に変更。

今回は上肢。

主催の先生は、明日の一般向けの講座の準備が大事のようで直ぐに帰られた。

少し前に肘を痛めていたので、先輩の先生に矯正してもらい少し楽になった。
最後ガンステッドの教科書に無い肩甲骨の矯正をみんなでやった。


整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-08-23 21:17 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.7.19

場所はいつもと同じ井尻。

今回も前回と同じ環椎と後頭骨。

午後から先生が到着し、地元の動物園にオランウータン、ゴリラ、チンパンジーの骨格模型が展示されていたそうで、写真に撮って人間の脊柱と骨盤の違いを説明された。

オランウータン、ゴリラ、チンパンジーは人間と似ているが、人間の脊柱だけが伸展動作(背中を反る)が出来き、立位姿勢だけだとテナガザルの方が人間に似ている。

最近の説だと、完全な立位が出来ないオランウータン、ゴリラ、チンパンジーの前に直立歩行が出来る別の類人類があったとされている。

直立歩行する人類の宿命ともいわれる腰痛だが、先生は直立歩行と腰痛は関係がないと考えているようだった。

その後、勉強会のメンバーで天神で沖縄料理屋で飲み会。


家に帰ったあとに気になったのでネットで調べていたら、こんなページを見つけた。
腰痛は二足歩行の宿命か? 人 間 の 科 学 様

以下引用
アフリカ・タンザニアで狩猟を行っている人々は、毎日獲物を求めて長い距離を歩き回っている。だから脊椎には大きな負担がかかっているはずなのに、この人たちには脊椎劣化による腰痛は存在しないといってよい。このことから番組は、二足歩行が即腰痛に結びつくわけではないという結論を出していた。

一方ユーフラテス川流域で発見された1300年前の人体遺骨をしらべたところ、それらの多くは背骨が曲がり、脊椎にも劣化が認められた。恐らくこの人々は激しい腰痛に悩んでいたに違いない。

彼らの骨をこのようにさせた原因を、番組は農耕作業に求めた。人力主体の農耕作業は前かがみになって行うものだ。前かがみになると、脊椎には大きな圧力が加わる。姿勢を安定させようとする背筋の力が脊椎に作用するからだ。

このことから番組は、脊椎の劣化は、二足直立姿勢にも原因を有しながら、それのみによって発生するのではなく、前かがみのような無理な姿勢を長期にわたって続けることからもたらされるのだと結論付けていた。つまり、人間の活動様式の変化が腰痛をもたらしたとするものであり、腰痛を一種の文明病とする見方である。

以上は身体的な原因に基づく腰痛発生のメカニズムであるが、身体にはなんら外的な異常が見られないのに、腰痛を訴える人も多い。むしろ身体症状をともなうものは腰痛患者の15パーセントくらいしかなく、大部分の患者は原因不明の腰痛に悩んでいるのである。


この文章だと、腰痛は直立だけでは起こらず原因は前かがみの生活様式にあることが推測されるが、腰痛には原因不明な事も多く、ここではストレスからの心因性の腰痛が考えられている。

最近では、椎間板や筋肉についた細菌ウィルスも原因と考えられているので、これだと単純な物理療法では効果が薄いかもしれない。

色々考えながら今日も腰痛の患者を何人か施術したが、ぎっくり腰でもすぐに痛みが取れる人もいれば今一な人もいて奥は深い。



by rakuchin-dou | 2015-07-21 02:51 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.6.21

場所はいつもと同じ井尻。

今回は環椎と後頭骨。

この日は、いつもの募金クリニックはなしで、ガンステッドの本から抜き出した筆記テストがあった。
しかし、教科書に書いてあることと実際がかなり違うので、答えに困った。

終わった後に先生に質問すると、「臨床では・・・」とカイロプラクティックとどんどん離れて行くので、先生も困った様子だった。
書かれた時代が古すぎることもあって、以前から「あくまでも古典として覚えてほしい」とは仰っていた。

教科書を覚えることも重要だと思うが、理論はあくまでも後付けのものなので教条主義に陥っても現場との乖離が広がるだけだと思う。

世の中には様々な治療法があり、それぞれの理論を比べれば矛盾だらけである。
私は実際に学んでそれぞれの良さを知っている。

これらを自分を高めるために尊敬したり参考にすることはあっても、結局は最後に頼るのは自分しかいないので、どれか一つの流派の信者になることは出来ない。



by rakuchin-dou | 2015-06-22 19:22 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.5.17

場所はいつもと同じ井尻。

今回は、私のリクエストで前回の頸椎の復習。
1日中ほとんど実技の練習で、大変実のある日であった。

先生は珍しく午前にお見えになった。

突然、三国志を例に小義と大義のお話。
三国志を知っている人はいたが、まともに話に着いていけたのが私のみということで、先生は寂しそうだった。


三国志全30巻漫画文庫 (潮漫画文庫)

横山 光輝 / 潮出版社




整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-05-18 21:40 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.4.19

場所はいつもと同じ井尻。

今回は下部頸椎。

主催の先生が急用でお休みだったため、一日丸々練習。

休憩時間は、新しく入会した元キックボクサーの理学療法士の先生とAKAやSJFについての話題。

あちらの世界でも教条主義的な人は多いみたい。


整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-04-21 22:01 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.3.15

場所はいつもと同じ井尻。

今回は胸椎。

深いアジャストをするには、やはり平台ではなくニーチェストが必要と感じた。
うちはトムソンもないので、中古を買おうかと悩むところ。


午後から主催の先生が来られ、前回と同様に鬱の話になった。
鬱になったとしても症状を自覚し発散出来る人はまだ良いが、「(自分が)あの時こうしていれば良かった。ああしていれば良かった」と嫌だと感じていながらどうしても考えが巡ってしまう人もいるという話をした。

先生は、「そういう考えをする人は尊大だね。自分が何か凄い人だと思ってんじゃないの?」と仰る。

確かに人生で起こる、他人の死や気持ちなど既にこの世での役割が終わったり縁が切れたものに対して、どんなに過去に遡って考えを巡らせても修復は出来ない。

究極的には、一人の人間には外の世界に対する影響力など何もない。
意思や技術、肉体、カリスマ性など他人より秀でた人間はいるように見えるが、それを構築出来たのは生まれた条件など自分自身の意思で決めれたものなのか?ということ。

たった今からでも自分が変われば、その瞬間から既に起こった過去に対する自分の捉え方は変えることは出来るのだが、それが出来ずにその場所に居続けるてしまう人も、しょうがないといえばしょうがないかも。

しかし、治療を業にしている我々としては、それでも何か出来ることを考える。
自分自身のために・・・


来年受験を控える学生さんが来院。
自分の中で勉強をどんなに頑張っても結果に表れないことが苦痛のようだ。

話してみると、まだ人生経験の不足もあり物事の見方は狭いところがあるが、私の同年代の頃より大分優秀に見える。

結局は、行きたい志望校があるのなら、まずはその学校の求める基準を満たすことが重要で、得意科目が飛び抜けて良くても他で基準を満たさなければ意味がないので、不得意科目があれば他人より何倍も勉強をするということに尽きる。

そのためには、まずは簡単な基礎が出来ることが重要で、いきなり高等なことから初めても身に着かない。
これは、身体を動かすスポーツも同じ。
(武術とかの芸事が異質なのは、最初に習う基礎の要点を隠して教えたり嘘を教えても師弟関係という名目で成り立ってきたところがあり、最初に良い先生を探すことが重要となる。また、弟子に教えたくとも、自得してしまったために教え方がわからない天才型の先生もいる)

先生は「評価の基準など制度的におかしいところはあれど、今それを嘆いても変わらない。勉強は本来無理してやるものじゃないんだが、志望校に合格したいのなら入るために必要なことを割り切ってやるしかない」と諭していた。

私自身は、勉強に限らず嫌なことをあまりやってこなかった人生なので、耳が痛い話ではある。
自分の納得する方法に拘り、それで手に入らなかったものは多数あるが、これもしょうがない。
抗うことは今後あるとは思うが、最後はただ受け入れるのみである。




整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-03-18 14:26 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2015.2.15

場所はいつもと同じ井尻。

今回は腰椎。

この日の実技は、講師の先生に懇切丁寧に指導で大変充実した時間であった。

年末から来ている元キックボクシングの理学療法士の先生は、初めて習うカイロプラクティックであるのだが身体の扱い方が上手い。
「カイロプラクティックは、知識より身体が重要でスポーツと同じ」というのは納得である。



午後からは主催の先生がお見えになり、カンパ方式の施術デモを行った。

他人から見た人の欠点は、その人の個性なのか?病気なのか?というのは難しいところ。

個人的には長所も欠点もそれぞれの個性だと思うが、悩んでいる人はそれでは納得できないので、自分の仕事として解決策を色々と考えなければならない。

以前取り上げたこの本のように、

65点の君が好き

加藤 久雄 / 風雲舎


欠点を改善するのは中々難しいので、自分の長所を見つけて伸ばす方が建設的だと思うが、自分の期待に沿った結果が出ない時や、他人や周りがする自分への評価が低い時は、辛いものがある。

後天的に、欠点だと思うことを少しでも改善しようと本気で思うのなら、まず自分が出来ないことや他人より劣っていることを認め、受け入れることからしか始まらないと個人的には思う。

途中で鬱についての話題になり、一般的には「鬱になる人は真面目な人が多く、鬱になった時は考え過ぎないようにしたり、発散させることをしましょう!」といわれることが多いと思う。

しかし、主催の先生は「鬱になる人やストレスを多く感じる人は、実際は物事について真面目に考えない怠惰な人が多い。もっと自分のことを真剣に考えた方が良い。」と仰る。

かなりキツイ表現だが、今の自分の現実を直視しないで「こうあるべき、こうあったはず!」という概念に囚われていることはあるかもしれない。

こういう時は、辛く時間は掛かるかもしれないが「自分にとって不快と感じていることを徹底的に味わい尽くす」という癒しの方法もある。
自分も経験したが、味わい尽くした後の穏やかな心の状態は台風後の空のような感じだろうか。

人の行いも、同じ宇宙や自然の現れ。



これは余談。

先週知り合いの先生からいただいたメールに、人生の一大命題である「人の幸せとは一体何か」についての話があって、「答えは定義できないが、皆が実は解っている事」とあった。

“なんとなく”は解っているのだと思う。

ただ、ふと現実を見渡した時に幸せを感じられないのは何故だろう?

先の本の加藤久雄先生は「幸せについて考えることに価値があるのでは」と答えていた。



整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-02-15 22:09 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(4)

カイロプラクティック勉強会 2015.1.18

場所はいつもと同じ井尻。

今回は仙骨。

この日の体調もあったのか、リーディング的な検査が逆に出る。
更には、モーション・パルペーションも不確実。
実際の施術の現場では、こういう時があっても別の方法で対処出来るとはいえ、勉強会では少し気まずい。
もどかしく思われたのか、最後に先生からフルスパインでの独自のコツを教わる。

終ってからは新年会で、いつものバーベキュー。
この寒い中、20代の男性の先生が丁寧に焼いてくれた。

若い人は年代特有の悩みがあるようで、飲みながら先生から女性のモテ方を伝授されていた。
その前にも、「モテつぼ」なる秘孔を押してもらっていたようだ。

今度会った時は結果を聞いてみよう。


整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2015-01-20 22:24 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

カイロプラクティック勉強会 2014.12.21

場所はいつもと同じ井尻。

今回は、また最初に戻って骨盤。

教科書の「PI腸骨は腰椎が前弯しやすい(ASは逆)」のところは、「ホントかな?」と気になるが、古典を読むということで納得。
G理論では無いはずのWPIも臨床上明らかにある。

先生が仰る「カイロプラクティックの技術が上手くなりたいと思ったら、頭で理解するだけでは駄目でとにかく練習するしかない!これはスポーツと同じ」というのはその通りだと思う。

セッティング→絞り→ドロップと分けて練習した後、リスティングを出して実際の矯正の練習。

講師の先生は「力はあまり必要ない」と言っていたが、姿勢というか身体を支えるだけの筋力を鍛える必要性は感じた。
この辺は武術とかと同じ。

また「腰を入れる」という動作の勘違いがあり、出来ない人を見ていると腰が撓って相手に力が伝わっていないようだった。
本能的には撓った方が正しいのかな?


整体・薬院らくちん堂



by rakuchin-dou | 2014-12-22 18:05 | カイロプラクティック | Trackback | Comments(0)

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

こんにちは。 終戦記念..
by はなまる at 12:59
シュガー  様 コ..
by rakuchin-dou at 01:30
森坂様 >今回は外..
by シュガー at 00:02
cat-sparrow ..
by rakuchin-dou at 10:51
大抵の場合そうだと思いま..
by cat-sparrow at 06:05

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ