人気ブログランキング |

らくちん道への道

2020年 02月 14日 ( 1 )




本当に強くなる“一人稽古”: 武道の「型」が秘めた“体内感覚養成法”(BABジャパン)



凡人でも達人気分が味わいたい人向けの本。

(私を含めて)凡人がある程度の境地に行くためには、著者のように多くの武術を学び共通項を見つけ理解度を高める方法論に行かざるを得ないというのはある。

残念なところは著者が学んだ先生のお名前が一人も書いていないのは寂しい。

(主にしているサンチンは宇城憲治先生のものかな?)

聞いた話だと、著者は躾道会時代の道場(赤羽のアルトー館)にも来ていたらしい。

それで「小林先生に(軽い組手?)叩かれてから来なくなった・・・」と兄弟子が言っていたが、本当かどうかは知らない。

確かに、この本に出ている“目付”は小林先生が教えた基本に似ているし、“突かれる”でなく“突かせる”など著者が「クラッキング」と名付けた技法は交差法そのものといえる。

とはいえ、合気道でいわれる「結び・入り身・転換」も形は違えど中身は同じ(レベルはそれぞれ違う)。

「型」から得られるものは多いが、組手等で自由に使えるレベルに到達するのは並大抵の努力ではできない。

道場で技が多少掛かるようになったとしても、それだけで元々強い人達に勝てると思わないことが大事。







by rakuchin-dou | 2020-02-14 01:21 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新の記事

最新のコメント

こんにちは。 終戦記念..
by はなまる at 12:59
シュガー  様 コ..
by rakuchin-dou at 01:30
森坂様 >今回は外..
by シュガー at 00:02
cat-sparrow ..
by rakuchin-dou at 10:51
大抵の場合そうだと思いま..
by cat-sparrow at 06:05

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ