人気ブログランキング |

らくちん道への道

生き物の死にざま (草思社)


内容紹介
すべては「命のバトン」をつなぐために──
子に身を捧げる、交尾で力尽きる、仲間の死に涙する……
限られた命を懸命に生きる姿が胸を打つエッセイ!
生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──
老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、
地面に仰向けになり空を見ることなく死んでいくセミ、
成虫としては1時間しか生きられないカゲロウ……
生きものたちの奮闘と哀切を描く珠玉の29話。生きものイラスト30点以上収載。

虎鷹拳院の藤松英一先生推奨の本。

生き物たちの生殖と死についてがほとんどだが、著者が語ると皆健気に感じてくる。

ちょうど友人の訃報を知らされたばかりだったこともあり、「人生とは?」と深く考えさせられた。

夏の風物詩、血を吸いにくる蚊はメスしかいないというのは初めて知ったが、彼女たちの様々な苦難と冒険の物語は泣ける。





by rakuchin-dou | 2019-11-30 02:17 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://krakuchin.exblog.jp/tb/239824793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

おや 様 >その治..
by rakuchin-dou at 06:25
その治療を受けて、 自..
by おや at 01:53
モリ  様 コメン..
by rakuchin-dou at 01:38
すいません追記です。 ..
by モリ at 12:55
ごもっとも! お久しぶ..
by モリ at 12:48

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ