人気ブログランキング |

らくちん道への道

[新装版]謎の出雲帝国 天孫族に虐殺された出雲神族の屈辱と怨念の歴史


内容紹介
四千年の歴史を脳裏にきざんだ
オオクニヌシ直系のカタリベが出雲王朝の封印を解く!
そこに時間というものは存在しない、あるのは空間のみ、
いまだに古代史の世界が存在している…
待望久しい幻の名著が38年の時を超えて復刻!
~出雲神族・天孫族・ヒボコ族、この三者の結合・離反・対立・闘争を調べれば、おのずと古代史の謎が解けてくる~
・日本の裏面史の研究にかかせないヒボコとは?
・蘇我入鹿を誅殺したのはヒボコ系の暗殺団!
・記紀に書かれた天皇の行動は、すべて天皇自身のものであったのか?
・奈良朝ごろまで各種族間に通じる言語はシュメール語であった⁉︎
・出雲神族は遙か彼方オリエントの地からやってきた!
・天孫族は敵に酒を飲ませ、音楽を聞かせ、油断させた上で、残酷なやり方で殺していく…
・出雲神族は天孫族によりほとんどが殺され、絶滅状態に…
・出雲神族は反体制に徹する!
・種族が違うことによる違和感、闘争による怨念はなかなか消えない…
~出雲神族は不思議な種族……どんなに混血させられても絶対に同化しない~
・熊野大社 対 神魂神社、出雲では現在でも敵対関係が続いている
・いつしか神々の承認は天孫族の承認へと変わってしまった…
・出雲神族ほど朝鮮系の渡来人を嫌う種族はいない。
・出雲神族はシュメールを追われ、インド→ビルマ→タイ→中国江南→朝鮮→ロシア→カムチャッカ半島→千島列島→北海道→出雲へと渡来した⁉︎
・出雲神族の葬儀は風葬と水葬で行われた
・継体天皇は、昔から謎の天皇とされてきた…
・武烈天皇で神武王朝は断絶。国は乱れ、出雲神族は頼まれて天皇を出した
・継体天皇~宣化天皇は出雲神族であった

元々は1980年の本で、絶版だったものが熱烈なファンがいるのか復刻。

著者の吉田大洋さんが、出雲神族直系を自称する富當雄(とみまさお)さんという元サンケイ新聞の記者に出会うところから。

富さんの正式の名は、富上官出雲臣財當雄(とみのじょうがん いずものおみ たからのまさお)で、祖神の魂の具象化である勾玉を<宝石・たから>と呼び、これを付すことのできる財筋(たからすじ)の王家らしいが、後輩の司馬遼太郎さんから「実証は不可能ですが・・・・・・」と言われている人物。

吉田さんは富さんが語る話を真実だと直感、更にアイヌや物部、古族系の人達と面談し彼らの伝承を聞き出し、シュメールの話など著者独自の考えを加えている。

吉田さんには多くの信奉者がいたようで、神社関係者であっても既成の神道界に不満を抱く人も集まっていたようだ。

内容は副題の「天孫族に虐殺された出雲神族の屈辱と怨念の歴史」に現れていて、記紀に書かれている平和裏に行われたはずの国譲りの話が実は朝鮮から渡ってきたスサノオを長とする天孫族という侵略者に騙され滅ぼされたと考えている。

今となっては事実はわからないが、私は会津戦争時の略奪や虐殺の歴史を秘密裏に伝承している人の話を聞いたことがあるので、「屈辱と怨念の歴史」を伝える人たちがいてもおかしくはないとは思う。

ただ語られる内容が“真実”であるところからスタートしている為、都合の良い話のみが採用されている可能性も大きいと思うので所々に違和感はある。

個人的に興味深かったのは「美保神社の青柴垣(あおふしがき)の神事」の話。

美保神社のHPによると、
青柴垣神事は、美保崎におられる事代主神が、父神である大国主神から国譲りの相談を受け、譲ることを進言した後、海に身を隠したという様を儀礼化し、神霊を一年に一度新たにする祭です。
とあるが、出雲伝承では
コトシロヌシは天孫族に呪いの言葉を残し、海に飛び込んで自殺した。そのときの模様を再現するのが、美保神社の青柴垣の神事である。(P116)
「青柴垣の神事は、天孫族への恨みを決して忘れないぞという、出雲人の無念さを表すものなのだ。屈辱の神事でもある。観光客に見せるようなものではない」(P117)
とあり、美保神社は怨念の塊みたいな位置づけで、これ読んだら気軽に観光などに行ける気がしない。

美保神社は富家のもので、本来の祭神はミホススミノ命であるそうだ。
(確か諏訪ではタケミナカタと同じだと読んだことがあったような・・・)

あと、遣唐使の吉備真備のように漢字が使えた人達を帰化人と断定しているのは単純すぎないか?




<追記1>

女(め)首長のアラハバキ(荒吐神)について書かれている絶版中の謎の弁才天女―福神の仮面をかぶった呪詛の神 (トクマブックス)も読んでみたい。





<追記2>
出雲神族の大祖神はオオクニヌシではなくクナトノ大神だそうで、岐の神(道祖神)や地蔵菩薩と習合している。

この地域の地蔵信仰といえば伯耆大山で、埋没神復活を企てた出口王仁三郎の立替えの重要な場所。

また、クナトといえば天外伺朗さん(この本が元ネタ)だが、あれだけのインテリでも検証もしないでチャネリングが真実だと思って行動しているのは、何とも・・・

各地で行われている「祈り」の本音はどうかは知らないが、例の「縄文」もほとんどが日本の国体である天皇の力を弱くする方向にしか行かない気がする。

そういえば、天外さんは『地縛霊というのは、「分離」された生命エネルギーが、肉体が消滅した後も残ってしまった状態。』と書いていたが、この説どこかで?







by rakuchin-dou | 2019-11-27 08:31 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://krakuchin.exblog.jp/tb/239816649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

おや 様 >その治..
by rakuchin-dou at 06:25
その治療を受けて、 自..
by おや at 01:53
モリ  様 コメン..
by rakuchin-dou at 01:38
すいません追記です。 ..
by モリ at 12:55
ごもっとも! お久しぶ..
by モリ at 12:48

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ