人気ブログランキング |

らくちん道への道

近現代日本の民間精神療法: 不可視なエネルギーの諸相(国書刊行会)



内容紹介
大正時代には霊術・精神療法と呼ばれる治療法が流行し、最盛期の施術者は三万人ともいわれる。暗示、気合、お手当、霊動などによる奇跡的な治病だけなく、精神力の効果を示すための刃渡りのような見世物的危険術や、透視やテレパシー、念力のような心霊現象が彼らのレパートリーであったが、最終的には健康法、家庭療法、新宗教へと流れ込んで姿を消していった。
本書は、さまざまな領域に姿を現す民間精神療法の技法と思想の系譜をひも解き、歴史研究の基礎を構築することを目指す。
序論では、先行研究を検討、民間精神療法の略史を祖述した上で、精神あるいは精神療法という語が定着したゆえんを思想史的に検討する。
第I部では、海外から流入した最新の概念や技法の土着化を検討する。近代日本に誕生した物理療法は医学と霊療術をまたいで広まり、松本道別はメスメリズム的「人体放射能」をあやつり、ラマチャラカ(引き寄せの法則の元祖、ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンの筆名)の「ヨーガ」技法は世界を駆け巡り、日本にも流れ込む。
第II部では、舶来の不可視エネルギーと混じりあって日本で生み出された技法や思想の形成過程を追う。川合清丸がこの法を以て天下国家を平地することを大発明した「吐納法」、日本の農学博士第一号にして貴族院議員にもなった玉利喜造が説き多くの療法家から歓迎された「霊気説」、右翼思想家・三井甲之が国民宗教礼拝儀式と位置づけ実践した「手のひら療治」、時代の要請に合わせて変容を遂げた野口整体の「活元運動」にその例を見る。
第III部では、世界中で行われている日本発の民間精神療法、レイキの形成過程と今に迫る。海外から移入された技法に影響を受けて成立した「臼井霊気療法」は、その概念ごと「翻訳」されて太平洋を渡り、アメリカで広まったあとレイキとして再度日本に上陸し、セラピー文化の基盤的知識となる。
第IV部では、主要な療法家48名とその主要著作を、「序論」の時代区分にしたがい、自己治療系と他者治療系に大きく分けて紹介する。
明治以降のグローバリズムの波を受けて流入したエネルギー概念や心身技法に、日本の伝統的宗教技法が混じりあって生み出された民間精神療法は、〈呪術の近代化〉という点で西洋の近代オカルティズムに相当し、〈催眠術の呪術化〉という点ではアメリカのニューソート運動と並行する。しかも、それらはグローバルオカルティズムという輪の中につながっていたのである。その全体像をさまざまな視点から横断的に描く、初の本格的論集。

資料的価値特大。

エネルギー療法をしている人は必読の書。

私(らくちん道)は、三十代半ばにサラリーマンの仕事にうんざりして、心機一転整体師の仕事がしたくて最初に学んだのが身体均整法。

身体均整法を習ってみると、明治末期より伝わったオステオパシーがベースとはいえ、各地の療術家が行っていた民間療法のチャンポンであることがわかった。

その中で、均整法創始者の亀井進先生が影響を受けた野口整体のことが気になり、野口整体とそのルーツである霊術のことが詳しく知りたくなった。

当時の古い資料の一部は八幡書店さんで復刻されていてジュンク堂や書泉グランデにも読めたが、これでは全然足らない。

その後、この本の編者のお一人である吉永進一先生が復刻版を出していたの見つけた。
(お気に入りのブログ「電気的真丹後蝸牛報」は、残念ながら2016年に終了)

しかし、この復刻版は1セット9万円で全部揃えると30万円ぐらいの高額で、私にはとても買えなかった。

色々探した結果、国会図書館にこの手の古い資料が多くあることがわかり、宝の山を見つけた気分で一時期は通い詰めていたぐらいである。

第I部でヨギ・ラマチャラカと松本道別先生が出てくるのは流石。

内容紹介でも書いてあるが、ラマチャラカは元祖・引き寄せの法則のウィリアム・W・アトキンソンの別名でアメリカ人である。

第III部で霊気(レイキ)について書かれているが、ここでもラマチャラカ(アトキンソン)の影響が語られている。

(故・志水一夫さんが語っていた、鈴木美山の教えの影響についての話も出てくる)

ラマチャラカの教えがロシアでも普及していたのは初めて知り、現在独自のオカルト文化を持つと思われたロシアも元ネタは同じという可能性も出てきた。

また、中村天風先生に大きな影響を与えたことと、カリアッパ師の実在についての疑問は昔から言われているところ。

松本道別先生については、私が霊術を研究するにあたって最重要としていて、壮神社版の「霊学講座」を頼りに墓前に御挨拶に伺うため多磨霊園を一人で探し回ったのが懐かしい。


<追記>
「第二章 玉利喜造の霊気説の形成過程とその淵源ー伝統と科学の野合」を執筆されている野村英登さんは、馬貴派八卦掌の修行者としても著名。

私も馬貴派八卦掌は一年ほど習い、動作に易筋経が含まれていることや、始めて一月ほどの練習で体重が10㎏以上増え一気に身体が変わったことなど、型はほとんど忘れたが走圏やいくつかの掌法は今でも気に入っていて日々発見がある。

中国の武術家は生徒から詳しい質問されるのを嫌うことが多く李保華先生も同様だったが、何度か野村さんに通訳をお願いしたことがあり感謝している。

ある飲み会の席で、李保華先生に呼び止められ野村さんに通訳してもらったところ「君は強いかもしれないが、世の中には君より強い人はたくさんいる・・・」みたいなことを言われた。

先生と自分の圧倒的な実力差はわかっていたし、自分が強いとかは微塵も思っていなかったので驚いた。

ただ、同じ教室の人と帰りに話すと実際に戦うことから逃げるタイプが多く「せっかく良い武術を習っているのに、そんな気持ちでは先生に失礼だろ!」という態度ではいたと思う。






by rakuchin-dou | 2019-09-20 02:41 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://krakuchin.exblog.jp/tb/239577535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rakuchin-dou at 2019-09-20 04:08
天風先生が用いたヴリル(ヨガのプラーナや気などのエネルギー)の元ネタは1911年のラマチャラカの著作のようだが、「ヴリル」の語はエドワード・ブルワー=リットンの「The Coming Race」が1871年初出で、この本に影響された神智学やナチのオカルティズムで語られるヴリル協会の伝説も有名。

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

最新のコメント

こんにちは。 終戦記念..
by はなまる at 12:59
シュガー  様 コ..
by rakuchin-dou at 01:30
森坂様 >今回は外..
by シュガー at 00:02
cat-sparrow ..
by rakuchin-dou at 10:51
大抵の場合そうだと思いま..
by cat-sparrow at 06:05

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ