人気ブログランキング |

らくちん道への道

3月 15日 書籍出版記念セミナー「嫡流真伝中国正派拳法×太氣至誠拳法(交叉法×歩法)」

※このページは2020年3月6日(金)までトップになります。
3月 15日 書籍出版記念セミナー「嫡流真伝中国正派拳法×太氣至誠拳法(交叉法×歩法)」_a0238072_20304582.jpg
詳細
中国拳法のみならず、ほかの武術にもきっと役に立つ!
交叉の理合とそれを生かす歩法を学ぶセミナーです。

◆嫡流真伝中国正派拳法「交叉法」と太気至誠拳法「歩法」が自分の中で結びついたときに発揮される速さと重さを実感する2時間◆

◆内 容◆
◇師範らによる模範演武と首席師範小林直樹による講義(15分)
◇実技講習  (85分)
・動く足の作り方を学ぶ。
・3次元の空間で自分を利する位置を学ぶ。
・間合いを学ぶ。
◇質疑応答 (20分)

◆対 象◆ オールレベル  
※ 安全に、安心して実技を行うことができるよう、実技講習の際、未経験・初心者の方々には、躾道館の師範と師範代が相手役となり サポートいたします。
※ 申し込み前に、確認したいこと、不安なこと、相談したいことなどがありましたら、お気軽にお問い合せ下さい。
・メッセンジャーで主催者にメッセージを送信することができます。
・メールの送り先はこちらです。bidoukan1954@gmail.com

日時:3月15日(日)

セミナー 14時~16時
・場 所:雑司が谷地域文化創造館 B1F 音楽室
・受講料:3000円 (当日、受付にてお支払い下さい。)
☆13:30より受付を開始いたします。
 
※セミナーのあとは、ぜひ懇親会にもご参加下さい。    
◇セミナー参加者による懇親会 17時~19時◇
☆希望者のみ☆(懇親会申込はセミナーの予約受付ページで同時受付いたします)
場 所:天府酒家池袋東口店
会 費:3000円 (当日、受付にてお支払い下さい。)

お申し込み:躾道館ホームページの「セミナ予約特設ページ」からお申し込み下さい。


☆セミナー予約特設ページ☆ (躾道館ホームページ)

申込受付期間 2020年2月5日(水)~2020年3月6日(金)

<追記>

不詳の弟子である私から、怒られることを承知で少し書いてみる。

まず、長年に渡り多くの武術を学んできた私にとって一番のインパクトがあり感動したのが小林先生であり、今でも私が唯一「武術の師匠」と書いている所以である。


2020年3月15日(日)に「昭和の武人 櫻公路一顱先生の教え」(壮神社)の出版を記念してセミナーが開催されます。

奥さんからの又聞きだと、今回のセミナーは躾道館の弟子側に懇願される形でのセミナーらしい。

たぶん参加人数が少なすぎると今後はセミナーが開かれない可能性が大なので、小林直樹先生に少しでも興味がある人は「この機会を逃したら次はない!」と思った方が良い。

ただし、二時間程度しかないので普通にやれば簡単な紹介程度に終わると思う。

押さえておかなければいけないポイントは、小林先生は天才的な感性を持つが典型的な昭和の武術家であり、メディアなどに登場する現在人気の先生の様に技術を論理的にわかりやすく説明することはあまりない。

テーマである「交叉法」「歩法」は小林先生の武術の核心部分であり、私も初めて見た時には理屈抜きに凄いと感じた。

この凄さを経験者だけでなく一般の人にも伝えてもらえるのか?

以前クエストで出したDVDについて、武術の先生をしている友人から「森坂さんの師匠というのでDVDを見てみたが(演出的な部分において)先生の凄さが全く伝わらない内容で、あれでは入門したい人はいないだろう」の感想で残念な思いをした。

確かに、重要な「使用法」の基本は空手の約束一本組手の変化ぐらいにしか見えないし、太氣拳も小林先生と他の先生との違いは余程の経験者でないとわからないと思う。

これが凄い先生が大事にしている基本だということがわかれば、この時は意味がわからなくとも参加者の見る目や取り組む気持ちが変わる。

主催者側への要望としては、できる限り小林先生ご自身に実際の動きを見せてもらって多くの参加者に技を体験させて欲しいと思う。

ダンサーの弟子が多いように芸術家的気質を持つところがあり、気分が乗ってくるとドンドン感動レベルの凄い動きが出てくるので当日セミナーでは参加者全員で盛り上げていただけるとありがたい。








# by rakuchin-dou | 2020-03-07 00:00 | 気になるニュース | Comments(0)

【2月17日(月)20時~】日本の共産主義思想浸透の影に常にいた「風見章」とはいったい何者だったのか。(仮)|ゲスト:林千勝(近現代史研究家)|山岡鉄秀のTSJ1




たまたま視聴したが中々面白かった。

林千勝さんは最近注目されている近現代史研究家で、論拠は示しているとはいえ主張は陰謀論に近い印象。

内容は、先の戦争で日本を敗戦に導いた人達の話。

近衛文麿は藤原氏直系で道長の時代の復興を願い、昭和天皇が大嫌いだった。

近衛はアメリカに勝たせることで占領後の日本での実権を握ることを考えていたが、利用していた共産主義者たちに気付かれて彼の計画は頓挫する。

ヒトラー信奉者でプロパガンダの重要性を理解していたため、長きにわたりNHK総裁の地位にいてラジオ放送を用いて世論を誘導していた。

共産主義者であった側近の風見章や尾崎秀実だけでなく、戦後の歴史で好意的に語られることが多い白洲次郎、米内光政、山本五十六などが関わっていたという話は衝撃的である。

個人的に動画で一番興味深いところは、29分過ぎぐらいからのロックフェラーやロスチャイルドに代表される国際金融資本家たちが世界戦略の中で日本(特に歴史)について徹底的に研究・分析していたという箇所。

縄文時代の遺跡や文化の研究・啓発を支援している国際縄文学協会という団体の名誉顧問がイギリスのロスチャイルド家当主の娘というのは中々。

この団体のページに出ている人を見ると、なるほどという感じである。

縄文ブームの中には日本国内の離間工作も含まれているのでは?との懸念は少しは当たっていたかも。










# by rakuchin-dou | 2020-02-18 22:57 | 気になるニュース | Trackback | Comments(2)

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)


内容紹介
神様に愛される
「美しい生き方のススメ」
神様のお願い事に大奔走の日々
なぜこの僕に、ここまで愛をお与えになるのか
イエス・キリストからハトホル神、吉備真備、安倍晴明まで
次々と現われては、お願い事を託されてしまった!


読んだのは少し前。

今までの本の内容と被るところが多いが、故・エスタニスラウ神父の話など書かれていなかったことも書かれている。

Amazonのレビューが気になったので私も少し書いてみる。

レビューの一つは、「アインシュタインの愛の手紙」や「水晶ドクロ」など捏造である可能性が高いネタを本当のことだとして著書に書かれていることが多いのか?ということについて。

これについては私も昔から疑問であった。

あれだけの知識があって周囲も詳しい人だらけなのに、ネガティブな話を知らないはずがない。

私個人の結論としては、保江先生自身が面白いと思ったことは怪しいネタであったとしてもドンドン本に書いているのではないかと考えている。

この世界が退屈を望まないことを身をもって実践しているのだろう。

「スピリチュアル」も個人で自己完結している分には清いままでいられるが、実際は個人の欲やお金も絡むし世俗と全く同じで、よく語られる光と闇の話も100か0みたいに単純ではない。

自分が面白いと感じるストーリーに乗ってみるのも有りだが、傷つかない程度に自己責任で関わる事。

保江先生を中心に周囲に不思議なことが起こり続けているのは本当だと思うが、その他の人は既に同じ世界にいないかもしれない。

もう一つのは褒め殺し的なレビューで私も笑ってしまった。

「愛の生贄」になったのかもしれないが、この話は一歩間違えばグルへの帰依と同じだから運用には個々気を付けてね。

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)_a0238072_01124287.png

僕が神様に愛されることを厭わなくなったワケ(青林堂)_a0238072_01533063.png







# by rakuchin-dou | 2020-02-18 02:05 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

本当に強くなる“一人稽古”: 武道の「型」が秘めた“体内感覚養成法”(BABジャパン)



凡人でも達人気分が味わいたい人向けの本。

(私を含めて)凡人がある程度の境地に行くためには、著者のように多くの武術を学び共通項を見つけ理解度を高める方法論に行かざるを得ないというのはある。

残念なところは著者が学んだ先生のお名前が一人も書いていないのは寂しい。

(主にしているサンチンは宇城憲治先生のものかな?)

聞いた話だと、著者は躾道会時代の道場(赤羽のアルトー館)にも来ていたらしい。

それで「小林先生に(軽い組手?)叩かれてから来なくなった・・・」と兄弟子が言っていたが、本当かどうかは知らない。

確かに、この本に出ている“目付”は小林先生が教えた基本に似ているし、“突かれる”でなく“突かせる”など著者が「クラッキング」と名付けた技法は交差法そのものといえる。

とはいえ、合気道でいわれる「結び・入り身・転換」も形は違えど中身は同じ(レベルはそれぞれ違う)。

「型」から得られるものは多いが、組手等で自由に使えるレベルに到達するのは並大抵の努力ではできない。

道場で技が多少掛かるようになったとしても、それだけで元々強い人達に勝てると思わないことが大事。







# by rakuchin-dou | 2020-02-14 01:21 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

福岡市中央区薬院駅近くの整体・鍼灸院のブログ。仕事関係より読んだ本の感想がほとんど。
by らくちん堂
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新のコメント

いつも楽しく拝見しており..
by ヒロ at 04:53
山本五十六が真珠湾を攻撃..
by 豚丸 at 03:12
はじめまして。 「..
by rakuchin-dou at 02:46
シュガー 様 私個..
by rakuchin-dou at 01:46
森坂様 >桜公路先..
by シュガー at 21:23

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ