らくちん道への道

良いテロリストのための教科書(青林堂)


内容紹介
くたばれポリティカル・コレクトネス!
クサレパヨクも全共闘世代も一掃せよ!
ファシスト外山恒一による〝正しい左翼の滅ぼし方〟
第1章 ひと口に〝左翼〟と言ってもいろいろ―〝右翼〟と〝左翼〟の定義
第2章 年代学生運動が〝試合に負けて勝負に勝った〟ため始まったポリコレ化! ―新左翼運動史・概説
第3章 本書でしか知ることのできない〝80年代以降〟の左翼運動史―〝現在〟の左翼地図
第4章 左翼を極めた私だからこそ提案できる〝左翼の滅ぼし方〟―新しい愛国運動へ
1970(昭和45)年生まれ。革命家。「九州ファシスト党〈我々団〉」総統。80年代後半に〝管理教育〟に反発して左傾、学校や管理社会との闘争で90年代半ばには知る人ぞ知る面白極左活動家となっていたが、反PC的な言動が左翼内部での孤立も招く。1999(平成11)年、対立する活動家らにより些細な痴話喧嘩を極悪な差別暴力事件にデッチ上げられ、面白裁判闘争で応戦するも裁判官を激怒させて懲役実刑判決を引き出し、2002(平成14)年から2004(平成16)年まで投獄される。獄中でファシズム転向。2007(平成19)年、東京都知事選に立候補。「政府転覆」を叫ぶ過激な政見放送が黎明期のYouTubeで人気を集めて一気に知名度を高めるが、単なるキワモノ扱いも招いて以後ますます苦労している。


タイトルはドギツイが内容は真面目。

先日、親不孝のビンゴ・ラブに顔を出したら、たまたま隣に著者が座っていたので少し話をした。

著者とは深夜の飲み屋では何度かお会いしているが、実物はとても優しく誠実な態度である。

私の方が明らかにガラが悪い。

この時は、新刊の紹介と「劇団どくんご」という今時珍しいテント劇団の福岡公演のフライヤーを持ってきていた。

ジュンク堂書店の新刊の棚にこの本が陳列されていたことを伝えたら、「ジュンク堂はまだ置いてくれるみたいだけど、紀伊國屋には置いてくれないんだよね(笑)」と苦笑していた。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-09-25 08:38 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

虎の門ニュースでSAMさんのCDが紹介されていました



朝、あの虎の門ニュース見てたら、出演の藤井厳喜さんが番組冒頭で福岡の伝説のボーカリストSAMさんのCDの宣伝してくれていた。
(9曲目が藤井さんの作詞)

このCDは、出来上がるまでには中々苦労があったと聞いているので、売れると嬉しい。

CDはSHOP以外には、春吉のGEN×2、弥太郎うどん、親不孝のビンゴ・ラブには置いてあったはず。

因みにジャケットの絵はベースの阿部さんが描いたらしい。


a0238072_08463561.jpg

10月22日(日)Gate's7でLIVEがあるそうです。

SAM
SAM Special Live ~夢のあとがき~
~伝説のボーカリストが確かに存在している証~博多が生んだ『生きとし伝説になった』ボーカリストがここに蘇ります。SAM 待望のスペシャルライブが決定!この男知らずして、博多のミュージックシーンを語るな!出演:SAM(Vocal)/大和弘憲(Drums)from LIVE MUSIC PLAYERS/阿部謙(Bass)/ 米田ゲン(Guitar)from GENx2/米田勇也(Guitar)/春田弘樹(Keyboard)/中野茂樹(Harp) ゲスト:中前りおん(Vocal)/白井俊哉(Guitar)from LIVE & BAR SHIELA in GATTA/真崎越郎(Guitar)


[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-09-20 08:55 | お酒と飯と音楽 | Trackback | Comments(0)

悲しいサヨクにご用心!(ビジネス社)


内容(「BOOK」データベースより)
かつて一世を風靡した左翼という存在。それは、今やマスゴミとさえ言われている新聞テレビの業界をいまだに支配している。それがどんなに危険なことなのか!?原発反対運動でパヨクの真相に触れたチバレイ、市役所職員として組合運動の実態を覗いた杉田水脈が警鐘を鳴らす。なぜ日本のサヨクがダメなのか?倉山満が摘出する!


ニュースだと近いうちに衆議院選挙があると騒がれている。

アベノミクスや憲法改正、教育無償化などが取り上げられているが、国民の生活を直撃する消費税については、税率アップに反対または凍結を訴えている政党が共産党、社民党、山本太郎(自由党)もしくは幸福実現党ぐらいしかないみたい。

政策を読むと一票を投じてみようと思う人がいるのしょうがないが、日本の左系の歴史や実態を知ると中々厳しいところがある。

この本を読むと、愛国を唱える共産党がいるのはフランスだけというのが何とも・・・

愛国も行き過ぎれば何処かの国になってしまうし、無理な日本上げも辟易するが、外国まで行って日本の悪口を広める活動をするのはやめて欲しいと思う。

あと、暴力革命の夢を捨てていないのか、後半出てくる精神病院とラブホテルの話はすごい。

お花畑やヤバい人達は左も右も両方いて気を付けないといけないが、コインの裏側の極右系の団体は組織的には左系に全く及ばないし、政治的影響力もほとんどないのが現状。





[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-09-19 03:10 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(1)

「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質 (SB新書)

出版社からのコメント
最も大事なことは「気づく」ことであり、自分と他人の「壁」がそれを邪魔している!
仏教にも通じる唯脳論を提唱する養老先生と
仏教心理学というユニークな分野でタレントとしても注目の名越先生が
それぞれの専門、そして仏教思想を通して語る、
自分の「壁」を通して、物事の本質に「気づく」ためのヒント(対談)。


最近の北朝鮮問題で「対話と圧力」という言葉が頻繫に出てくる。

大きく分けて「対話のための対話は意味がない。まず圧力をかけないと対話の場が出来ない」という意見と「困難でも圧力より対話の努力を最大限することが重要」という意見。

話してわかり合えれば理想だが、この本の帯にある゛「話せばわかる」はやっぱり大ウソ”というのが現実だろう。

「話せばわかる」と本気で思っている人も、行動を見ると「こちらの話を聞け!」と自分の意見を強要する人が多く、利益が相反した時には結局はお互いの力関係で決定するのでは?と個人的には感じる。

また、いくら誠意を持って説明を尽くしたと思っても、相手にはほとんど通じていないということも度々ある。

やはり、人どうしはわかり合えない事を前提として他人と付き合わないと傷つくばかりではないかと思う。

あとは、心理学の河合隼雄先生の言葉「相槌の打ち方がカウンセリングの秘訣」の例として整体の野口晴哉先生の絶妙な間の取り方のエピソードや密教の「方便こそ究竟」、宗教人類学者の植島啓司先生の「仏とは心の中にある違和感である」の言葉が印象に残った。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-09-16 01:04 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(4)

スキンドライブシステムセミナーDVD(カイロベーシック)


気功、霊気、エネルギー、ノンタッチ      怪しい・・・と、どうしてもほとんどの先生が納得いかない手法・・・そもそもとして、なぜ怪しいと思ってしまうのでしょうか?それは、目に見えないもので且つ科学的に証明されていないからではないでしょうか。
例えば、心霊現象も科学的に証明されていないものなので、信じる信じないは別として、100%存在するかわからないのと同じように、気功、霊気、エネルギー、ノンタッチと言われて、反射的に「怪しい・・・」とどうしても人は思ってしまうのです。
しかし、今回ご紹介するスキンドライブシステムは、その解明の切り口を「皮膚」にフォーカスすることで、科学的に解明しています。また、本質を理解することで、怪しいとさえ思っていた「触らない施術」をはじめ、自分のテクニックを生み出すことができるようになる・・・という内容をまるごと暴露してしまうものです。
なぜ!?エネルギー施術というものが可能なのか?なぜ!?触らないのに身体に変化を与えられるのか?さらに・・・なぜ!?皮膚が施術に大きく関係しているのか?なぜ!?同じ手技やテクニックなのに結果に差が出るのか?これらの疑問が解明されるだけではなく、どんな手法を使っている先生でも実践できてしまう内容なのです。
また、今、先生が使われている手技やテクニックそのものが進化して施術効果が何倍にもなり、何より患者さんに喜んで頂けるでしょう。



久しぶりに治療系のDVDをいくつか見たが、これは面白かった。

今回のDVDの新井洋次(ひろつぐ)先生は「第三の脳」ともいわれる皮膚に注目し、人間の皮膚同士が目に見えないコミュニケーションを取っているという仮説を唱えている。

目鼻耳などの他の感覚器官との違いをベンジャミンリベットの時間と自由意識の話を絡めながらの話や、量子論やダークマター説の否定など興味深い話が多い。

それ以外にも「人の身体が治る(変わる)時には、何が起こっているのか?」「法則と理論の違い」「創始者や先生と習った人との効果の違い」など、我々プロの治療家が仲間内で話しているようなことが、かなりぶっちゃけて語られている。

最後の「仕組みがわかったら、後は自分で新しい治療法をどんどん開発してね!」というのも笑った。

ただ、今回の新井先生の説明を受けると、どんなに凄いエネルギーが出ているという触れ込みの特別な手法であっても“一旦は”全て他の治療と等価値に戻されることになるで、見て不快になる人もいるかもしれない。

また、施術と両輪をなす催眠についての話が出てくる。

新井先生の催眠の師匠は、あのジャイアント吉田さん(ドンキーカルテットのメンバーで太氣拳の澤井健一先生の弟子でもある)で、自らに催眠を掛けることで81歳の現在でも老眼や難聴にもならずに若々しく健康でいるという話が出てくる。

参考:ジャイアント吉田(週刊代々木忠)

あとは、人間の進化や可能性についての話と難病を治したいくつかの事例を語っているが、人の思いの強さとリアリティについて、特に法則でもある肉体の死についての見解が聞きたかったかな。




[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-09-12 07:02 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

福岡市中央区薬院駅近くで開業している整体院のブログ  更新が多い時は基本暇ということかな?
by らくちん堂
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

この本と関係ないけど、あ..
by rakuchin-dou at 08:08
豚丸 様 仰るこ..
by rakuchin-dou at 09:45
話して分かるマトモな人は..
by 豚丸 at 07:04
一読者 様 コメン..
by rakuchin-dou at 01:38
面白そうなので読んでみた..
by 一読者 at 19:57
豚丸  様 コメン..
by rakuchin-dou at 01:31
楽チン先生、今晩は。 ..
by 豚丸 at 22:36
一読者 様 コメ..
by rakuchin-dou at 08:28
ちょうどこの本を読んでい..
by 一読者 at 11:11
先ほど気が付いたが、偶然..
by rakuchin-dou at 15:36
一読者 様 コメン..
by rakuchin-dou at 15:34
皇室と関係のある竹田恒泰..
by 一読者 at 10:03
一読者 様 コメ..
by rakuchin-dou at 02:09
ずいぶん恐ろしい本も読む..
by 一読者 at 19:40
豚丸 様 コメント..
by rakuchin-dou at 06:49

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ

メモ帳

ファン

画像一覧