らくちん道への道

久しぶりに「朝まで生テレビ!」を視聴しました。

a0238072_07524930.png

放送時間(午前1時半から4時半ぐらい?)で見たのは本当に久しぶり。

この番組は、論客達がそれぞれの立場と利益のために話しているだけなので、相変わらずグダグダなのはしょうがない。

気になったのは、最後の方で「報道番組は本来中立でなければならないのに、与党の政策の反対意見ばかり取り上げるのはおかしい」という意見に対して、「報道機関の役割は権力の監視であるので、与党と野党の意見を5分5分に取り上げるのはおかしい」と反論するやり取りがあった。

権力を監視する存在が必要だという意見に反対する人は少ないと思うが、権力の中には与党だけでなく野党や報道機関そのものも含まれる。

現在安倍政権を攻撃する報道をあれだけやっても支持率が下がらない原因の一つは、現在の報道機関の在り方に違和感を感じる人が増えてきたことがあると思う。

このことは、マスコミ主体で誘導され期待された政権交代劇に、結果大多数の国民が騙されたことが大きい。
(当然、この時期に利益を得たグループは今でも前政権を支持しているだろう)

その後のスマホなどの普及で(正しいかどうかは別として)多くの情報を手に入れることができるようになったことと関係するが、できるなら権力の監視は特定の報道機関ではなく国民一人一人がしたい訳で、報道機関の役割としてはそれぞれの立場と利権があることが前提で様々な視点から選べる材料をたくさん出してくれることが望ましい。

せめて、NHKぐらいが常に現政権を礼賛する番組ばかり放送しているのなら国民の見方は元に戻るのだろうけど、率先して WGIP(War Guilt Information Program)バリバリの番組作りをしているようでは、世論を誘導しようとすればするほど逆に行く気がするね。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-05-27 07:57 | 気になるニュース | Trackback | Comments(0)

天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 (光文社新書)

天気痛 つらい痛み・不安の原因と治療方法 (光文社新書)

佐藤 純/光文社

undefined

内容紹介
偏頭痛 うつ 腰痛 肩こり……etc.
5月、6月、この季節になぜか調子が悪くなるのは、
「気圧」のせいかもしれません!
1000万人の気力を奪う“自分にしかわからない痛み・不安"を、第一人者が解消する一冊。
◎天気痛チェックリスト◎
□ なんとなく、雨が降りそうだとわかる。
□ 季節の変わり目は具合が悪い。
□ 寒さが苦手。冷え性だ。
□ 乗り物酔いしやすい。飛行機や新幹線が苦手。高いところが苦手。
□ 耳鳴りしやすい。耳抜きが苦手。
□ 過去に首を痛めたことがある。事故やスポーツでケガをしたことがある。
□ ストレスが多い。


昔から、「雨が降ると古傷が痛む」とか「台風の時は頭痛や膝腰が痛くなる」などの話は経験談としてよく聞くが、著者はこれらの痛みを天気痛と名付けた。

日本で推定1000万人以上が天気痛の症状があるらしい。

まず最初に、痛みのメカニズム→急性-慢性の違い、ストレスと自律神経(交感-副交感神経)の関係、痛みの脳の認知など、基本的な知識は押さえておく必要がある。

私が初めて知った話は、慢性痛のある人は交感神経が興奮しているのだが、体がストレスを感じていることを脳に伝えるために痛みの神経に本来ないはずのアドレナリン受容体をつくるという話。

意外なのは、今までは慢性痛のある箇所は交感神経の活動が活発になっていると考えられて、交感神経ブロックなどで興奮を抑制すれば痛みは軽減するはずだが、実際には効かない人がいる。

実際に調べてみると、逆に交感神経の活動が弱くなっていたというのがわかり、交感神経が興奮すると放出されるノルアドレナリンという神経伝達物質が少なくなるため、それを受け取る痛みの部位の方がアドレナリン受容体が数を増やすことで興奮しやすくなっている。

この辺の話は、均整法を習っていた時に観歪法という当時の生理解剖学(+東洋医学)を元につくられた脊髄神経反射法が、理論通りに実践しても中々思った効果が出ないことはよく聞いていたし、その後習ったカイロプラクティックでも効能書き通りにならずに苦労していた現場は多数見ている。

著者も天気痛は単純ではないと言っているが、天気痛のある人が内耳が敏感になっていること、気圧や気温の変化と内耳のリンパ血流のむくみの関係、内耳と脳を繋ぐ前庭神経の役割に注目していて、我々代替医療に関わる人なら痛みの部位以外にも耳や側頭部の調整での痛みの変化を実験してみるのも良いだろう。

あとは、日々の仕事にも影響する天気痛の概念が普及していくと、以前の心療内科のように新たな大きな利権が生まれていくかもね。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-05-26 23:34 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

効かない健康食品 危ない自然・天然 (光文社新書)

効かない健康食品 危ない自然・天然 (光文社新書)

松永 和紀/光文社

undefined

内容紹介
【内容紹介】
・農薬は危ないから、オーガニック食品が安心
・トクホや機能性表示食品は国が認めたので効果がある
・トランス脂肪酸は食べるプラスチックである
・ジュースクレンズで毒素できる
・グルテンフリーで健康になれる
全部、「異議あり」。
ニセ情報が氾濫している「食」の世界を、
科学ジャーナリストが科学的根拠をもとに正しく読み解く!
【目次】
第一章 健康食品の落とし穴
第二章 「意識高い系」の真実
第三章 自然・天然はかなり怖い
第四章 「国産は安全」「昔はよかった」は本当か?
第五章 あくどい! 不安ビジネス
第六章 秘訣は「ゆるく、少しずつ」

流行語の「フェイク・ニュース」のようにマスコミの信用がガタ落ちの状況で、食品の健康についての情報もかなり怪しいという認識が広まってきている。

また、豊洲問題の「(科学的に)安全だが安心ではない」という変な理屈も、いかに人間が論理的な思考より感情を優先させる動物であることを表している。

この本では、安心を与えるが安全でないものや一つの危険性を排除すると別の大きな危険性が生まれてくること、またはたった一例の証言だけで危険性を煽るデマが広がった話など、とても参考になる事が書かれてる。

難しいのは民間だけでなく国や公的機関の出すデータも怪しいところもあり、この本に書かれていることが本当に正しいのかを様々なデータと比べ検証する必要がある。

安全で安心を求める国民の不安を利用するビジネスについては、食だけでなく全ての商売はこの心理を突いているともいえる訳で、利用する側が過度な効果を求めないことやこれだけやれば良い時な極端な考えを持たないことなどの姿勢が求められると思う。

あと、以前私が所属していた安心安全をスローガンに掲げた組織についても書かれていて、当時は添加物についての勉強はかなりさせられ善意を持って啓蒙活動をしたものだが、その後危険だと思われていたものが危険ではないことがわかり訂正作業に苦労(?)している様子が書かれている。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-05-25 01:38 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(9)

無我―「私」とはなにか― (サンガジャパンVol.26)

無我―「私」とはなにか― (サンガジャパンVol.26)

アルボムッレ・スマナサーラ,前野隆司,ネルケ無方,永井均,石川勇一,中川吉晴,パイサーン・ウィサーロ,浦崎雅代,アチャン・ニャーナラトー,横山紘一,三砂慶明,井上ウィマラ,大谷彰,藤本晃/サンガ

undefined

内容紹介
【特集】
無我―「私」とはなにか―
「自分探し」という言葉が、一昔前に流行ったことがある。
旅に出たり、人と出会ったり、新しい経験を積むなどして、どこかにあるはずの「本当の自分」を探す行為である。
しかし、今、「本当の自分」という概念は問い直される時代に差し掛かっている。
だからこそ、「無我」である。
本特集では、「『私』とはなにか?」という問いを起点に、仏教の最重要概念である「無我」について探求する。
(扉より一部抜粋)

【特集】
●「私」とは幻想である――仏教と幸福学の対話 心とは何か? 幸せに生きるとはどういうことか?
対談:アルボムッレ・スマナサーラ×前野隆司
●無我とは何か――考えても考えても、疑問は尽きません。
インタビュー:ネルケ無方
●自我、真我、無我について――「気づき(サティ、マインドフルネス)」はいかにして可能か
執筆:永井均
●二つの河を渡って――心理学、トランスパーソナル、初期仏教のあいだ
執筆:石川勇一
●ラマナ・マハルシと真我の探究
執筆:中川吉晴
●無我の学びによって、死の悲しみを癒す
執筆:パイサーン・ウィサーロ、浦崎雅代
●大切な三つの経典と「我」を超えるための修行のあり方――西洋を代表する僧院の副僧院長に聞く経典との向き合い方と修行の心得
インタビュー:チャン・ニャーナラトー
●阿頼耶識を発見し、無我を体験する、唯識的生き方のすすめ
インタビュー:横山紘一
●梅田 蔦屋書店人文コンシェルジュと読む「無我への扉」
執筆:三砂慶明





今回のサンガジャパンは「無我」の特集で、様々な分野の先生が語られている。

冒頭のスマナサーラ長老と前野隆司教授の対談は面白かった。

前野教授はロボット工学の専門家でロボットを人間に近づけるため脳や心の研究をした結果、逆に「実は人間には心はなくロボットと大差ない」という「受動意識仮説」を提唱している。

ただ、幸福について測定する方法論はユニークだとは思うが、本来測定ができない物の数値化はかなり無理やりな気がする。

スマナサーラ長老の、うつろいやすい幸せを追い求めるよりも苦をなくす仏教の方法論は納得ではあるが、最初から物質的な所有ができたお釈迦さんのことを考えると、もう一つの物質的な幸せを飽きるまで追い求めて段々捨てていく方法論もアリかと。


個人的には、私が在るかどうか?については論理的に考えて行けばいくほど、自らを存在させるのは他との関係性においてのみ現れることになってしまうので、現状では「我はない」という結論になる感じはする。

インドの聖者のように大いなる真我に到達できたとしても、所詮はその人個人の体験でしかない。

とはいえ、同時に例え実体のない幻想だとしても、脳が壊れていない限り個人の実感としては常に我は在るわけである。

宇宙の次元についてもそうだが何所まで行っても仮説でしかなく、普通の人はわかるはずのないものはわからないまま置いといた方が楽に生きられるような気はするね。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-05-23 02:47 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(3)

たった10秒で潜在能力を引き出す アクシスパワーマスタリーメソッド(洋泉社)

たった10秒で潜在能力を引き出す アクシスパワーマスタリーメソッド

一般社団法人アクシスパワーマスタリーメソッド協会/洋泉社

undefined

内容紹介
アクシスメソッドは、革新的な身体の潜在能力を引き出すメソッドです。
アクシスメソッドは、人体のアルゴリズムに働きかけることで、
年齢、性別、筋肉量、体質などに関係なく、
その人の筋肉が持つ能力を引き出すことができるのです。
〈アクシスメソッドの効果〉
1 体に軸が通る
2 体の連動性が高まる
  ↓
練習やトレーニングの成果が格段に上がる!


数日前に本屋さんに行った時に陳列されていたので、パラパラと目を通した。

その時は内容的に何か新しいことが書いてある訳ではない印象で、気にも留めなかった

その後、偶然(?)コメント欄にこのメソッドについて書かれていたので、「アクシスメソッド」をネットで検索しサイトやYouTubeのデモ動画を見ると印象はガラリと変わった。

要するに魅せ方が非常に上手い。

カイロプラクティックやオステオパシー、理学療法などをきちんと学んだ人なら、このメソッドの元ネタになるような各種技術を何処かで習っているはずだが、創始者の人はこれらを素材に高い付加価値の商品を生み出すことに成功していると思う。
(HPを見ると8回の施術で3か月の効果があり、お値段12万円ほど)

セミナー等も盛んに行われているようで、あの加圧トレーニングを超えるブームを起こせるか?は見もの。

今日仕事が終わった後に書店に行って、もう一度本を読み返した。

割とセンセーショナルなデモ動画とは違い、本の内容は基本的に真面目な作りで「このメソッドは万能ではない」「健康な状態からパフォーマンスを上げる(治療ではない)」「(運動は)習って覚えて練習して身体を機能的に働くようにする」「専門的な動きには別の練習が必要」など、当たり前の注意点もしっかりと書かれている。

あと、頭だけでなくタイプ別の胸郭の動きを向上させる方法など、単純な動きであるが時間のない一般の方でも割と取り組みやすいのは良いと思う。



[PR]



# by rakuchin-dou | 2017-05-14 22:30 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(8)

福岡市中央区薬院駅近くで開業している整体院のブログ  更新が多い時は基本暇ということかな?
by らくちん堂
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

鍵コメ 様 Y先生..
by rakuchin-dou at 15:10
鍵コメ 様 これは..
by rakuchin-dou at 09:59
鍵コメ 様 デモを..
by rakuchin-dou at 02:26
鍵コメ 様 本当に..
by rakuchin-dou at 02:24
<つづき> 確かに..
by rakuchin-dou at 05:43
アクシスメソッド、面白い..
by rakuchin-dou at 03:23
たまたま今朝、虎の門ニュ..
by rakuchin-dou at 03:07
鍵コメ 様 >聞く..
by rakuchin-dou at 02:30
異文化交流といえば、昨日..
by rakuchin-dou at 06:01
鍵コメ 様 戒律の..
by rakuchin-dou at 05:30
鍵コメ 様 病気は..
by rakuchin-dou at 03:03
ご回答ありがとうございま..
by 亘理 at 08:05
鍵コメ 様 ご事情..
by rakuchin-dou at 01:16
一読者 様 コメン..
by rakuchin-dou at 02:43
たくみの会のことを知らな..
by 一読者 at 11:10

最新のトラックバック

バレエ史上初のロマンティ..
from dezire_photo &..
バカバカしい情報にきちん..
from 本読みの記録
初めて見た
from Anything Story

検索

ライフログ

メモ帳

ファン

画像一覧